お客様とともに

品質に関する基本的な考え方

コーセルは、経営理念(組織の目的)である『品質至上を核に社会の信頼に応える』を受け、『顧客の信頼を得る製品とサービスを創り出す』を品質方針と定めています。
品質活動の基本は製品の信頼とお客様への安心であり、それがお客様をはじめとする社会からの信頼の基盤と考えています。
コーセルは今後もお客様に信頼、安心、満足いただける魅力ある製品やサービスを提供するために、製品企画・開発から生産、販売、サービスに至る全ての段階において継続的な品質の向上を図っていきます。

品質マネジメントシステム

コーセルで運用している品質マネジメントシステムに必要なプロセスおよびそれらの順序や相互関係、関係組織図は次のとおりです。

品質マネジメント体系

品質マネジメント体系

ISO9001認定証

コーセルは1993年6月21日 国際規格ISO9001を富山県最速で認証を受け、以降毎年、定期(更新)審査を受け、品質マネジメントシステムが機能していることを確認しています。

ISO9001 マネジメントシステム登録証

ISO9001 付属書

  • 認証取得日:1993年6月21日(富山県認証第1号)
  • 範囲:本社工場/立山工場
  • 認証取得機関:(一財)日本品質保証機構

ユーザサポート

コーセルでは、フリーダイヤルやホームページ上のお問合せフォームによる技術サポート窓口を設けており、お客様からのお問合せに対し、専任サポートチームによる迅速かつ正確な対応を心掛けています。
サポート内容としましては、技術相談はもちろんのこと、お客様への出張訪問や当社設備での立会評価など、幅広いサポートを提供しています。
これまでに対応した10万件を超える技術相談の内容はデータベースに記録し、今後の製品・サービスの品質向上につなげています。
また、コンプレイン情報の収集や顧客満足度調査を実施し、お客様の声を継続的に調査・分析することで、製品・サービスの改善につなげています。

市場返却品対応

コーセルでは、万が一、故障が発生した場合はテクニカルスタッフによる迅速・確実な対応を行っております。工程内やフィールドでの不具合や故障に対し、故障解析や修理、オーバーホールなどの保守サービスを実施しています。
不具合事象に対しましては、お客様のご使用状況やご使用環境などの情報をお聞きし、その情報を当社で蓄積しています。過去事例を踏まえ、不具合原因を追究し早期解決に努めています。
また、市場返却品の不具合内容を分析し、製品開発や生産現場にフィードバックを行い、お客様目線を心がけ改善のPDCAを回すことで、品質の向上とお客様に満足いただけるサービスの構築を目指しています。

お客様情報保護

コーセルは自主行動規範に「私たちは、守秘すべき情報等を正当な理由なく、漏洩しません」と定めています。
お客様からの情報は適切に取り扱っており、情報の漏えいはありません。

コンゴ民主共和国及び周辺9カ国で採掘される鉱物資源が、これらの地域の武装勢力の資金源となっていることが懸念されています。これを受けて、アメリカで2010年7月にドット・フランク法が成立し、アメリカ証券取引所上場企業は、紛争鉱物の精錬業者を特定する調査の実施とアメリカ証券取引所への報告が必要となりました。
コーセルではドット・フランク法の趣旨に賛同し、責任ある鉱物調達を推進するため、紛争鉱物調査のルールを決めました。取引先へ紛争鉱物調査の背景や必要性を説明し、調査フォーマット「CMRT(Conflict Mineral Reporting Template)」で情報収集をしています。
お客様へは、紛争鉱物調査情報の開示要求を受けた場合に、CMRTを使って情報提供をしています。