トップコミットメント

コーセルのCSRの原点は、経営理念:「品質至上を核に社会の信頼に応える」

コーセルは、経営理念として、「品質至上を核に社会の信頼に応える」を掲げ、『品質を第一』としたものづくり、製品・サービスの提供を通じて、『社会に貢献する』ための企業活動を実践してきました。

ここでいう『品質』とは、単にひとつの製品の安全性や品質だけではなく、社会の持続可能性に必要な『変化する品質』、『求められる品質』、つまり、あらゆる品質を意味しています。コーセルのCSRの考え方の原点は、この経営理念にあり、この考えが受け継がれています。

社会的責任を果たすための基本的活動

コーセルは、社会的責任を果たすための企業経営の基本である、コーポレートガバナンス、リスクマネジメント、コンプライアンスを徹底する体制、仕組みを整備し活動しています。こういった活動を当社グループはもとより、サプライチェーン全体にも意識を広げ推進していきたいと考えています。

環境への取り組み

環境方針を掲げ、環境マネジメントシステムのもと、事業活動から生まれる環境負荷の低減活動を積極的に推進しています。電気に関わる開発・製造する企業として、電力損失を低減し大幅な省エネ効果が得られる製品を開発・提供することや調達・生産活動においても、環境に配慮した取り組みを推進することが、お客様、さらには、社会のシステムにおける省エネ化推進につながり、「持続的な社会」の実現に貢献できると考えています。環境への取り組みは、経営課題そのものの達成にも貢献すると認識しています。

また、かけがえのない地球環境を健全な状態で次世代に引き継ぐこと、それが、私たちに課せられた使命であり、責任であると考えています。

新しい価値を創造するための技術革新にチャレンジ

近年、私たちを取り巻く環境は、大きく変化してきており、様々な社会的問題・課題に直面しています。また、グローバル化により、顧客のニーズも多様化しています。経営理念に示す「品質」の定義も変化、多様化してきているということです。その変化するあらゆる「品質」をタイムリーに、的確にとらえることが重要だと考えています。

コーセルは、第7次中期経営方針におけるビジョンとして、『顧客起点のニーズを捉え、高付加価値製品とサービスの実現を図る』を掲げています。これは、お客様や社会のニーズ、成し得たいことをお客様とコミュニケーション、連携を図りながら早期に捉え、未来のための新しい価値を創造、共創、実現しようというものです。

そのために必要な技術革新、ものづくり革新など、大いにチャレンジし、価値ある製品やサービスへとつなげていく取り組みを推進していきます。

一人ひとりが活きる職場・人財育成

ものづくりの原点は”人づくり”であり、企業活動、すなわちCSR活動を支えるのは、何と言っても「人」です。技術・技能、管理技術などの専門性を磨くことはもちろんのこと、倫理観を持ち、謙虚で気配りのできる人間性も重要であると考えています。コミュニケーションやチームワークを大事にする会社でありたいとも思っています。

一人ひとりが、より実践的な教育をとおして成長し、個を活かし活躍できることで、さらに成長している企業でありたい、そういった文化、人財育成の環境をつくり、企業としても成長し続けていきたいと考えています。

代表取締役社長 谷川 正人