Q&A
IEC60335-1について

1.IEC60335-1規格について

 IEC60335-1は、家庭用及び類似電気機器に関する安全規格です。
 当社製品は、情報処理機器(IEC60950-1)の安全規格に基き設計している電源です。
 そこで、IEC60335-1とIEC60950-1規格において、電源に求められている安全性に関する項目の違いについて表1に示します。

表1.安全性に関する項目比較
項番 規格名 IEC60950-1 IEC60335-1 200V IEC60335-1 100V
過電圧カテゴリー
1 絶縁耐圧
*1
1次-2次 3,000 2.4・U+2400 2,000
1次-FG 1,500 1.2・U+950 1,000
2次-FG (500) - -
2 沿面距離
*2
200-250V *3 2.5/5.0 2.5/5.0 2.5/5.0
250-300V *3 3.2/6.4 4.0/8.0 4.0/8.0
300-400V *3 4.0/8.0 4.0/8.0 4.0/8.0
3 空間距離
*2
150-250V *4 2.0/4.0 2.0/3.5 2.0/3.5
250-300V *4 2.0/4.0 2.0/3.5 2.0/3.5
300-400V *4 3.2/6.4 - -
4 漏洩電流 手持型 0.75mA - -
可搬型 3.5mA - -
据置型 3.5mA - -
携帯型クラスⅠ機器 - 0.75mA 0.75mA
据置型クラスⅠ
 電動力応用機器
- 3.5mA 3.5mA
5 最高温度
(巻線)
A種 90℃以下 - -
E種 105℃以下 - -
B種 110℃以下 - -
6 温度上昇
(巻線)
A種 - 65deg以下 65deg以下
E種 - 80deg以下 80deg以下
B種 - 85deg以下 85deg以下

*1:(U)最大動作電圧
*2:(基礎絶縁/強化絶縁)
*3:記載電圧は動作電圧
*4:記載電圧についてIEC60950-1では動作電圧、IEC60335では定格電圧(入力電圧)

2.IEC60335-1対応について

(1)沿面距離

 IEC60335-1は、IEC60950-1より一部沿面距離規定が厳しくなっております。

(2) 巻線温度

 最高温度で規定しているIEC60950-1とは異なり、IEC60335-1は周囲温度25℃を基準温度とし温度上昇値を規定しております。

(3) Yキャパシタ

 IEC60950-1に対してIEC60335-1では、Y1コンデンサであっても2個以上の使用を求められます。当社製品につきましては、Yコンデンサ1個使いとなります。

(4) 規格取得

 電源によって沿面距離や使用可能な最高周囲温度が異なることから、対応可否につきましては当社までお問い合わせ下さい。
 なお、当社製品はIEC60950-1(EN60950-1)規格取得品ですので、IEC60335-1は新規に取得する必要があります。規格取得に際しては安全重要部品の管理等が必要となりますので、別途ご相談とさせていただきます。

製品の技術的なお問い合わせ

専用ホットライン0120-52-8151

受付 9:00~12:00/13:00~17:00(土曜・日曜・祝日・弊社休日を除く)