Q&A
高気圧環境での使用について

1. 高気圧環境における電源のご使用に際して

当社電源として、高気圧環境における動作確認は実施しておりませんが、常温・常湿環境であれば、5気圧程度までは使用できるものと考えております(1気圧≒1013.25hPa)。  しかしながら、電源の実稼動状態を考えますと、電源の自己発熱やお客様装置内の通風条件が影響し、高温・高湿環境となる恐れも考えられます。ご使用に際しては市場環境条件を極力再現し、充分なご評価を実施の上、使用可否のご判断をいただきたくお願いします。

2. 高気圧環境が電源に与える影響について

(1) 機械的強度

もっとも破損する恐れの高いものとして、電解コンデンサが挙げられます。実力として約8気圧で圧力弁作動する危険性があります。

(2) 絶縁物の劣化

圧力に加えて環境条件が高温度・高湿度となる場合、一部の絶縁物が加水分解により、劣化が加速する可能性があります。

製品の技術的なお問い合わせ

専用ホットライン0120-52-8151

受付 9:00~12:00/13:00~17:00(土曜・日曜・祝日・弊社休日を除く)


Webでのお問合せ

製品に関するお問合せフォーム

アンケートにご協力ください

このQ&Aで問題は解決できましたか?


解決できた

解決できなかった

ご回答ありがとうございました。今回の回答選択した理由など、ご意見ご要望をお聞かせください(任意)

※返信はいたしかねますので、あらかじめご了承ください。
※個人情報のご記入・お問い合わせはご遠慮ください。