Q&A
ユニット・基板単体電源のRオプションについて

当社のユニットタイプ、基板単体タイプ電源の-R(リモートコントロール)オプションでは、外部に電源以外の直流電源を用意し、リモコン用コネクタ(オプション)に電圧を印加することで、出力のON/OFFを制御することができます。
各機種ごとに専用ハーネスを用意しています。オプションパーツをご参照ください。

図 リモートコントロール使用例

リモートコントロール動作条件としては、外部電源が4.5~12.5V時に電源の出力がONします。
詳細については、下記の表のようになります。

表 リモートコントロール動作条件
内蔵抵抗Ri[Ω]
各機種の
取扱説明の値を参照
RC、RCG間電圧[V] 流入電流[mA]
出力ON 出力OFF
4.5~12.5 0~0.5 (20max)
  • ※1:外部電源が4.5~12.5Vの場合は電流制限抵抗Rは不要です。12.5Vを越える場合は、電流制限抵抗Rを挿入してください。電流制限抵抗Rについては、下記の式を用いて計算します。

  • ※逆接続した場合、内部部品が破損する恐れがあるため、ご注意ください。ユニットタイプ、基板単体タイプのリモートコントロール回路は、入力、出力、FGから絶縁されています。

製品の技術的なお問い合わせ

専用ホットライン0120-52-8151

受付 9:00~12:00/13:00~17:00(土曜・日曜・祝日・弊社休日を除く)