紛争鉱物問題への取り組みについて

コンゴ民主共和国及び周辺9カ国で採掘される鉱物資源が、これらの地域の武装勢力の資金源となっていることが懸念されています。これを受けて、アメリカで2010年7月にドット・フランク法が成立し、アメリカ証券取引所上場企業は、紛争鉱物の精錬業者を特定する調査の実施とアメリカ証券取引所への報告が必要となりました。

コーセルではドット・フランク法の趣旨に賛同し、責任ある鉱物調達を推進するため、紛争鉱物のルールを定めました。お取引先様へ紛争鉱物調査の背景や必要性を説明し、調査フォーマット「CMRT(Conflict Mineral Reporting Template)」で情報収集をしています。お客様へは、CMRTを使って情報提供をいたします。

  • ※カンパニーレベルでの回答となります。
  • ※なお、お客様ご指定のフォーマットで提出が必要な場合は、ご購入いただいた販売取扱い店経由でご依頼ください。