Q&A
Z、ZUシリーズにおける輻射ノイズ低減方法

1.電源からの輻射ノイズ低減方法について

電源からの輻射ノイズとは、電源から発生した磁界と電界の交互作用により放射される電磁波のことで、周波数帯域が広いため、ラジオやテレビなどの無線機器に影響を与えることがあります。

2.輻射ノイズの低減方法

2.1 シールドの効果

シールドの効果

図2.1のように、シールドを設けることで輻射ノイズを低減することができます。ケース内で反射したノイズは、反射と吸収が繰り返され、ノイズが小さくなっていきます。ただし、吸収の量はシールド材質で変わります。

Z、ZUシリーズは底面以外の5面シールドを採用しており、DC-DCコンバータ実装時、プリント基板にベタパターンを設ければ6面シールドとなり、さらに輻射ノイズを低減することが可能です。

2.2 ケース接地の効果

Z、ZUシリーズにおいてケースピンのある機種では、ピンを安定電位に接続することで輻射ノイズを低減できます。(図2.2)

ケース接地の効果

製品の技術的なお問い合わせ

専用ホットライン0120-52-8151

受付 9:00~12:00/13:00~17:00(土曜・日曜・祝日・弊社休日を除く)


Webでのお問合せ

製品に関するお問合せフォーム

アンケートにご協力ください

このQ&Aで問題は解決できましたか?


解決できた

解決できなかった

ご回答ありがとうございました。今回の回答選択した理由など、ご意見ご要望をお聞かせください(任意)

※返信はいたしかねますので、あらかじめご了承ください。
※個人情報のご記入・お問い合わせはご遠慮ください。