Q&A
最低電流は、なぜ必要?

1. 最低電流とは

マルチ出力電源において、全出力電圧を安定に供給するために、最低電流を必要とする出力があります(無負荷で使用できません)。
弊社電源としましては、次のものがあります。
MMC50、75、100、PMC15、30、50、75、100、LB15、25、35、70

2. 最低電流が必要な理由

通常トランス1個でマルチ出力を設計します。このため、電圧制御をメイン出力(+5V)で行い、その他出力(+12V、-12V等)は、トランス巻き線からの電圧を3端子レギュレータ等で安定化しています。下図回路を参照下さい。

最低電流が必要な理由

各巻き線に発生する電圧は巻き数比倍になるため、5V出力側の巻き線N1に発生する電圧をV1とすると
V2=V1×(N2/N1)、V3=V1×(N3/N1)となります。

メイン出力の負荷電流が減少した場合、各巻き線に発生する電圧が低下します。従いまして、3端子レギュレータ等への入力電圧が不足し、結果、出力電圧が低下しますので、最低電流が必要となります。

最低電流が不足する場合には、ブリーダ抵抗等により、出力電流値を確保して下さい。

製品の技術的なお問い合わせ

専用ホットライン0120-52-8151

受付 9:00~12:00/13:00~17:00(土曜・日曜・祝日・弊社休日を除く)